FP3級合格までの道Part17〜債権の利回りと債権のリスクについて本気出して覚えてみた〜

今日はポルノグラフィティさんの「幸せについて本気出して考えてみた」のようなタイトルから始まりましたが、「債券」をやりました!

つまずいたところは、「債券の利回りの公式」と「価格(金利)変動リスク」と「信用リスク」です!

債券の利回りの公式

昨日の記事の通り、私、モンは公式の丸暗記が苦手なので債券の利回りの公式、出てきたよ~!わけわかりませ~ん( *´艸`)というかんじです(汗)
なんで分数の中に分数があるの!?この数字は分数のどこにあてはめればいいんだっけ!?というレベルでした。これはもう、自力で問題は解けないことを悟り、「お金の寺子屋さん」のお世話になろうと、こちらの動画を視聴させていただきました↓

【動画講義FP3級】55-債券の利回りと経過利子の計算

わかりやすいで( ..)φメモメモ

債券の利回りとはなんじゃらほい?という疑問も理解できましたし、どうしてあのような公式が成り立つのかもわかりました!
分数ばかりでわけわからん状態の私が問題集を解いたら自力で解けたのです(@_@)
この動画の威力はすごいです!債券の利回りの公式が頭に入らない方は、ぜひ見ていただきたいです!!

覚えられた嬉しさに浸る暇はなく、今度は債権のリスクです。
リスクの種類、「価格変動(金利変動)リスク」と「信用リスク」がどういったリスクなのかはなんとなくわかるのですが、「金利がああなると債券価格はどうなるか」みたいな文章とか「信用リスクがどうなる」とかそういう中身が覚えられなかったのです。

価格変動(金利変動)リスク

また出てきたではあ~りませんか!($・・)/~~~
価格変動リスク(金利変動リスク)です

よ。。。

私が苦手とする金利がここにも出てきよったか(-“-)
とげんなりしましたが、これも前回の金利の覚え方と同じくメモ用紙を作って頭に入れましたよ~!それがこちら↓

赤字はどうしてそのような変化が起きるのか理由を書くことで、頭に入りました!このメモ、もう少し詳しく解説すると、
市場金利が上昇すると、「債券は持ってるより売ったほうがいい!」と所有している人はみんな思うわけです、それで、債券がどんどん売れていくことで、需要は落ちるので債券価格は下落します
利回りの公式を覚えた方ならわかっていただけると思いますが、債券価格が下落するということは最終利回りの公式の分子が大きくなる(※)のです。
分子が大きくなるということは、利回りの数も大きくなるということなので、利回りは上昇するということです!

反対に、市場金利が下落すると、「安くなるんだから買ったほうがいい!」という考えになるわけですから、債券がどんどん買われていくことで需要は高くなるので債券価格は上昇します債券価格が上昇するということは、最終利回りの公式の分子は小さくなる(※)のです!
分子が小さくなるということは、利回りの数も小さくなるということなので、利回りは下落するということです!
※最終利回りの公式の分子が大きくなる、小さくなるというのは公式に適当に数字を当てはめて、購入価格が大きい場合と小さい場合で比較していただけると意味が分かります!

信用リスク

信用リスクも「信用リスクがああなるとどうなる」かが覚えづらくて、こんなメモ用紙を作りました❗️

このメモについて軽く説明しますと、信用リスクが低いものは、「安心だから債券を買え買え!」と誰もが思いますよね!それで債券がどんどん買われて需要が高まるので債券価格は高くなるんですよね‼︎あとは、上記の価格(金利)変動リスクと同じで、債権の利回りは低くなります。

逆に信用リスクが高いものは「危ないから売れ売れ!」と誰もが思いますよね!どんどん売れるということは需要がないので債券価格は低くなります!あとは、価格(金利)リスクと同じで、債券利回りは高くなります。

メモを書いて覚えることで、リスクの変化とそれに伴う債券価格と債権の利回りの変化を覚えることができました(⌒▽⌒)このメモを参考書に挟んでいつも見れるようにしておきます!このメモ、プリントして使ってもいいですよ〜(笑)

まとめ

今日は、つまずいた点とどうやって覚えたのかについて書きました!

債権の利回り→「お金の寺子屋さん」の講義動画!

価格(金利)変動リスクと信用リスク→自作メモで頭に叩き込む

というかんじで覚え込みました!勉強中の皆さんの参考になれば幸いです(o^^o)

それでは本日はこれにて終了!明日は株式、また公式が出るんだよねぇ(´Д` )

勉強開始から直前期までモンがやったFP3級の勉強方法をまとめています!
ぜひ参考にしてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました