FP3級合格までの道Part2~使用する参考書と普段の勉強方法~

2021年1月期のFP3級試験合格に向けての記録を付けようということで「FP3級合格までの道」第2回目。

Part1ではFP3級の勉強記録初日ということで、試験の概要について解説しました。

Part1はこちら↓

今回は、勉強で使う参考書やどのような方法で勉強を進めていくかについて解説します。

勉強に使う参考書はこれだ!

それでは、これからお世話になる参考書を紹介します。
使うのは、おなじみの「アレ」です!

定番の「みんほし」シリーズ

購入した参考書はおなじみのコレです!

「みんなが欲しかったFPの教科書」です!

初めて勉強する時は、滝澤ななみさん著の「みんなが欲しかったシリーズ」(略して、みんほしシリーズ)を頼りたくなりますね(^_-)-☆
オールカラーなので読んでて飽きないです。参考書がカラーの方がやる気が出る私には合っています。
論点の説明も板書があって要点がまとめられているし、初心者でもとっつきやすいので、頭に入りそうです!

・オールカラーの参考書の方がやる気が出る!
・初心者でもとっつきやすい文章がいい!!

という方にはおすすめです!


反対に、

・オールカラーはごちゃごちゃしていて苦手
・説明は簡潔な文章でまとめられている方がわかりやすい

方には向かない参考書です。
書店で立ち読みして自分に合いそうな参考書を見つけましょう。

普段の勉強方法

普段の勉強方法は参考書だけではなく、問題集も使ってインプットをしていくつもりです。
以下から詳しく説明します。

みんほしシリーズの問題集も同時購入・同時使用

参考書だけではなく、問題集も同時に使用してインプットすることにしました。

そこで、こちらも購入しました。

「みんなが欲しかったFPの問題集」

参考書の冒頭に1単元やるごとに問題集を解くというやり方がおすすめの勉強法と書かれていたので、素直に従い参考書と併用して毎日少しずつやっていきます!

簿記を勉強していた時はインプットは参考書で十分でしたが、滝澤ななみさんの説明によると、FPは問題を解いて覚えることがとにかく重要とのことです。

確かに、参考書→問題集という流れは本当に効果ありで、頭に入りやすいです。
インプット→アウトプット
の流れってどの勉強にも使える方法だなと改めて思いました。

参考書は最初のページから順番に単元を進めていこうと考えています!!

「みんほし」の教科書も購入した方は、問題集も一緒に購入しちゃいましょう。

まとめ

試験直前期までは以下の方針でインプット重視の勉強に取り組んでいきます。

・参考書は「みんほし」シリーズ一筋
・問題集と併用して、参考書で1単元やったら問題集の対応している単元を解く。これを繰り返す。

次回からは具体的にその日勉強した内容についてまとめていきます。
FP3級勉強中の方に参考になれば幸いです。

試験直前までの勉強方法も知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

「気になる資格が見つかる・資格Hacks」

「スキマ時間で資格取得・スマート資格」

コメント

タイトルとURLをコピーしました