FP3級合格までの道Part3~6つの係数の難しさと克服法~

JL GによるPixabayからの画像

FP3級の合格までの記録を残そうと始めた「FP3級合格までの道」3回目。
今回からは具体的に勉強した内容について触れています。

第1回目はこちら

FP3級の勉強を始めてから一番最初の関門にぶち当たります。それは、、、

「6つの係数」!!

私はこのページを開いた後、すぐに参考書を閉じてしまおうかと思いました(笑)

しかし、ある方法であれほど毛嫌いしていた6つの係数をしっかり理解できて、さらに得意な論点に変えられました。

今回は6つの係数の難しさと克服できた方法について説明します。

6つの係数とは?

FP3級の勉強を始めたばかりの方であれば、「6つの係数ってなんじゃらほい?」と思う方もいるかもしれませんね。
まずは、6つの係数について説明します。

6つの係数は資金計画を立てる時に使う係数

6つの係数とは資金計画を立てる時に参考にする係数です。


資金計画というのは、例えば「○%の利率で運用した場合、△年後にはいくらになるか」や「利率○%で△年後に1000万円に達するためには場合は毎月いくら積み立てればいいか」など、今ある資産を複利で運用した場合の将来的な金額や将来必要としている金額を用意するために必要な積立額などを求めることをいいます。

上記の例えの他に資金計画のパターンはいくつかあり、全部で6種類です。

6種類の資金計画パターンに対応した係数を使って、資金計画の答えとなる金額を求めます。

資金計画パターンと同じく、係数も6つあることから「6つの係数」といわれています。

6つの係数の種類

6つの係数それぞれの内容は以下の通りになっています。

①終価係数
 現在の金額を複利で運用した場合の一定期間後の金額を求める場合に用いる係数

②現価係数
 一定期間後に一定金額に達するために必要な元本を求める場合に用いる係数

③年金終価係数
 毎年一定金額を積み立てた場合の、一定期間後の元利合計を求める場合に用いる係数

④減債基金係数
 一定期間後に一定金額を用意するために、毎年積み立てる金額を求める場合に用いる係数

⑤資本回収係数
 現在の一定金額を一定期間で取り崩した場合の毎年の受取額を計算するための係数

⑥年金終価係数
 将来の一定期間にわたって一定額を受け取るために必要な元本を計算するための係数

6つの係数は「係数表」というものでまとめられています。

例えば、それぞれの資金計画の一定期間が5年だとすると係数表は以下のとおりです。

複利1%複利2%複利3%複利4%複利5%
終 価 係 数1.05101.10411.15931.21671.2763
現 価 係 数0.95150.90570.86260.82190.7835
年金終価係数5.10105.20405.30915.41635.5256
減債基金係数0.19600.19220.18840.18460.1810
資本回収係数0.20600.21220.21840.22460.2310
年金現価係数4.85344.71354.57974.45184.3295

こうやってツラツラと書かれても、初めての方にはわけがわからないと思うので、具体的な資金計画の例を挙げて計算してみましょう。

例えば、「100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額」を求めたい場合

「現在の金額(100万円)を複利(2%)で運用した場合の一定期間後(5年後)の金額を知りたい時」に使う係数なので、対応しているのは終価係数です。

係数表でいうと、黄色いマーカーを引いた係数1.1041を計算に使います。

複利1%複利2%複利3%複利4%複利5%
終 価 係 数1.05101.10411.15931.21671.2763
現 価 係 数0.95150.90570.86260.82190.7835
年金終価係数5.10105.20405.30915.41635.5256
減債基金係数0.19600.19220.18840.18460.1810
資本回収係数0.20600.21220.21840.22460.2310
年金現価係数4.85344.71354.57974.45184.3295

終価係数の計算方法は、現在の金額に係数をかけ算するので、こんなかんじです↓

100万円×1.1041=1,104,100円

これにて、「100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額」は1,104,100円ということがわかりました。

少しでも6つの係数についておわかりいただけたでしょうか?
全部の係数に対応した資金計画の例を挙げればもう少し理解してもらえるかと思いますが、かなり長くなるので割愛します。

6つの係数について説明しましたが、私たち受験者は6つの係数のどこに苦労して難しさを感じているのかを次の章で説明します。

6つの係数の難しさ

私たち受験者には資金計画に関する問題文と係数表が与えられます。

問題文を読んでそれに対応した係数を係数表の中から選んで、実際に計算して答えとなる金額を求めなければなりません。

問題文に対応した係数を選べるようになるまでが大変なのです。

最初から6つの係数の内容をそれぞれ覚えられず、何が何だかわからないのです( ;∀;)
そして、問題文を読んでも対応する係数を選べず混乱してしまい、つまずいてしまいます。

しまいには、6つの係数が嫌になってくるのです。

しかし、そんな私に救いの手が差し伸べられて、6つの係数が大好きになりました。

6つの係数の克服法をご紹介します!

6つの係数の克服法

6つの係数の克服法とは、YouTubeチャンネルの「お金の寺子屋」さんの講義動画を見ることです。

お金の寺子屋さんは、FP3級とFP2級の講義動画を無料でアップしています。
内容はどれも「なぜこうなるのか」という理屈が詳しく説明されていて、理解しやすいです。

お金の寺子屋さんとの出会いで6つの係数がすぐに理解できたので、みなさんにもぜひおすすめしたいです。

YouTubeチャンネル「お金の寺子屋」さんの神動画がすごい!

私が6つの係数を克服できた講義動画がこちらです!

【FP試験対策特別講義】6つの係数の覚え方(講師:東条慎也)


講義というタイトルですが本当にです!
視聴してみたら、6つの係数とはなんじゃらほい!?という疑問も解けましたし、6通りの区別の仕方もわかりました☆すごくスッキリしました。

6つの係数で参考書を閉じようとしている方はすぐにこの動画を見てください!

お金の寺子屋さんの動画を見ると、参考書だけでは理解できなかったところもわかりやすく説明されているのでおすすめです!
今後も合格までお世話になりたいと思います。

講義動画に対応したテキストも有料で発売されているので、FP3級とFP2級の論点を理屈からしっかり理解した方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

「気になる資格が見つかる・資格Hacks」

「スキマ時間で資格取得・スマート資格」

コメント

タイトルとURLをコピーしました