FP3級合格までの道Part42~相続税の計算(後編)~

相続税の計算(前編)の続き、最後の行程です!

最後はSTEP3、各人の納税額を計算します!!
前編までの計算のフローチャート図はこちらです↓

これにSTEP3を書き加えました!

STEP1~STEP3のフローチャート図もちゃんとつながるように作りました。こんなかんじです↓

それでは、STEP3各人の税額の計算について、覚えておいた方がいいと思ったことを書きます!

兄弟姉妹などは2割加算!

STEP3のフローチャート図に沿って流れを説明していくと、

ますは、STEP2で計算した相続税の総額を法定相続分のとおりに按分します。
その後、すぐ相続税の加算が待っています!

この加算は配偶者および1親等以外の親族が相続税を払う場合、その人の相続税額の2割が加算されるというものです!
配偶者および1親等以外の親族というのは兄弟姉妹というパターンが多いでしょうね(‘-‘*)

最後は税額控除!

相続税の加算を経たら最後は税額控除です!

一定の条件があてはまる人は相続税から一定の金額を控除されます。

その条件について表にまとめました↓

贈与額控除相続開始前3年以内に贈与を受けたら贈与税額が相続税から控除される
配偶者の税額
軽 
 
配偶者が取得した財産が次の金額のいずれか多い金額までは相続税は
かからない
1億6,000万円
②配偶者の法定相続分
未成年控除相続人が未成年である場合、控除される。
控除額=(20歳ー相続開始時の年齢)×10万円
障害者控除相続人が障害者である場合、控除される。
控除額=(85歳ー相続開始時の年齢)×10万円
相次相続控除10年以内に相次いで相続があった場合、一定の税額を控除できる。
外国税控除額外国にある被相続人の財産を取得した場合、その国からの二重の課税を
排除するため、一定の税額を控除できる。

以上の条件にあてはまる人は、それぞれ決められた税額を控除して最終的な各人の税額が計算されます!!

あ~、これで相続税の計算が終わった~(*´∀`*)
これで前に進める~!!時間はかかりましたが、一つ一つの内容を習得できた感じがします!!
あとは忘れないように頑張ります(^_^)/

いつもより短いけども今日はこれにて終了!!次回は「贈与税」です。またもや難しそう(;´Д`)

\相続の基本シリーズ/

勉強を始めてから試験直前期まで、モンがやったFP3級勉強方法をまとめています!ぜひ参考にしてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました