簿記3級の勉強を始めた方へアドバイス~久しぶりに復習してみて気づいたこと~

FP3級の勉強を始める前に、簿記3級の復習をしていました。

2017年11月の試験で簿記3級、2018年2月の試験で簿記2級を取得しています。

しかし、受験した時は、ちょうど出題範囲が改訂されている段階だったので、現在はどれくらい難しくなっているのか気になったのと2年経つとだいぶ内容を忘れているので、思い出したくて復習することにしました。

2017年と2018年に勉強した時の勉強方法はこちらの記事で詳しく説明しています↓

簿記3級を復習してみてわかったことは、受験した当時より難しくなっているということでした!

これは簿記3級初学者は大変だよ!と思いました(^◇^;)

それから、もう一度復習してみて、受験当時には意識していなかったけれども気づいたこともありました。

この記事では

・簿記3級の勉強を独学で始めたいけれども何からすればいいかわからない方

・簿記3級の勉強をすでに始めたけれども今の勉強方法でいいのか迷っている方

に向けて、私が久しぶりに簿記3級を復習して気づいたことを元にアドバイスを書きます。

簿記3級の勉強を始めた方へアドバイス

これから独学で簿記3級の勉強を始めようとしている方、まずは参考書と問題集を購入しましょう。
参考書の選び方についてのアドバイスします。

それから、勉強方法に迷っている方は、内容が難しくて「このままの方法で勉強を続けていいのだろうか」と戸惑っているからですよね。

簿記3級を復習してわかりましたが、簿記3級は2017年時点よりかなり難化していると感じました。
戸惑うのは当たり前です。
そこで、どれだけ難しくなったかを解説します。

難しくても勉強を続けることで合格に近づきます。
どうしたら勉強を続けられるかと疑問に思っている方に向けて、最後に挫折しない方法をアドバイスします。

参考書は立ち読みして続けられそうな物を選ぶ

簿記3級の勉強に始めるに当たって第一歩は「参考書選び」です。

何を使えば良いかわからないと思いますが、まずは、店で立ち読みして自分が続けられそうなものを使いましょう!

私は初めて簿記3級の勉強する前はアマゾンのレビューを見まくりました。
そして、大人気の「みんなが欲しかったシリーズ」を購入しました。

初学者にわかりやすい内容だったので、簿記3級も簿記2級も「みんほし」シリーズにお世話になりましたが、復習をしてみて、これで絶対に合格できる!と思い込む必要もないんだなぁということに気づきました。

というのも、復習に使う参考書は自分で立ち読みして選び、みんほしシリーズの他にも理解できそうな参考書があるとわかったからです。

復習で使った参考書がこちらです↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2688F2D6-1DC6-492B-9D66-118820B41045-768x1024.jpeg

「みんほしシリーズ」の著者で、参考書執筆者として有名な滝澤ななみさんの「Let’s Start!新しい日商簿記3級」です!

実際使ってみると、一つの単元が簡潔にまとめられていて、イメージもしやすいです!
長い文章で説明されるのが苦手とか忙しくて勉強時間がとりずらいという方にはとても向いているかんじがします!
簿記といえば以前使っていた「みんなが欲しかったシリーズ」だと思っていましたが、違うシリーズも使ってみて、参考書もいろいろと特性があって、続けられる参考書さえ選べば、「みんほし」シリーズでなくても合格できると感じました。

参考書は、経験者の評価よりも自分の目で見て、続けられそうかどうかを基準で選ぶようにしましょう!

簿記3級は難しくなっているから戸惑うのも当たり前

久しぶりに簿記3級を復習してみて最初に感じたのは、

簿記2級の内容ばっかりじゃん(;゚Д゚)

ということでした。

私が簿記3級を受験した時は、次の内容は範囲に入っていませんでした。

・株式の発行
・消費税
・法人税
・クレジット売掛金
・差入保証金
・法定福利費(社会保険料の勘定科目)
・電子記録債権、債務
・償却債権取立益

とまだまだありそうですが、例を挙げるとこんなかんじです。
簿記の勉強をされている方なら単語だけで内容をわかっていただけるはず。
簿記2級で出る内容がかなり簿記3級にシフトされていました。
また、2級の勉強でも見たことがない勘定科目も出てきました。

なんでこんなことになったかというと、2019年度の試験から日本商工会議所で簿記3級の出題範囲が改訂されたからなんですよね。

参考:日本商工会議所HP https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/revision

私が受験した2017年から2018年にかけては、簿記2級の出題範囲が改訂されて「意味わかんない」と言いながら勉強していたのですが、まさか簿記3級もこんなに難しくなるとは。

出題範囲改訂によって、商店の会計処理にプラスしてさらに小規模の会社の会計処理も求められるようになったんですよね。
会計処理だけではなくて、会社の取引の中身まで理解しなくてはならないんですよね(^◇^;)
そのため、簿記3級は難しくて当たり前だし、戸惑って自分の勉強方法に悩むのも当たり前です。

難しいと思うのは当然のことなので、安心していただきたいですが、難しいばかりが続くと、挫折しますよね。

最後に、難しい内容も克服できて挫折しない方法をアドバイスします。

難しいと感じたら回答を見て先に進む

難しいと感じたら回答を見て、どんどん先に進みましょう!

受験をした時は意識していませんでしたが、復習をしてみて、そういえばこの方法で合格できたんだよなと思い出しました。

私が初めて簿記を勉強していた時は、参考書を読んでも意味がわからないところがありました。
特に簿記2級の連結決算は全く意味がわからず、
「意味わかんない(+_+)」と毎日ぼやき、
「これ、試験本番までに解けるようになるんだろうかぁ( ;∀;)」
と挫折しかけていました。
そんな時に、このまま停滞していても挫折してしまうからとにかく進もう!と思い立って、やり始めたのが「わからなかったら答えを見てしまう」ことでした。

参考書の単元の最後に付いている問題や問題集が解けなくても、先に答えを見るようにしました。

すると、どんどん先に進めるし、参考書を2周目する頃には少し意味がわかっているかんじはしました。

回答だけではなく、解説も見るのが重要です。
解説には解き方の手順が書いてあります。

解き方の手順を見ながら自分の手を動かす!

そうすると、解き方も身についているし、難しいと思っていた会社の取引もこういうことだったのか!とわかってきました。
学校の勉強では、最初からわからないまま答えを見ても力は付かないと先生に言われてきましたが、簿記は最初から回答・解説を見て理解は後で追いつくようにするのとストレスもなく勉強が進みます。

理解は必ず後から付いてくるので、今、簿記3級が難しくて悩んでいる方もあきらめないでください!

クレアール簿記検定講座
科学的・合理的・経済的に日商簿記検定試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

「気になる資格が見つかるサイト・資格Hacks」

スキマ時間で勉強できる「スマート資格」

まとめ

私が簿記3級の復習をして気づいたアドバイスは

・参考書選びは自分の目で見て続けられそうなものを基準にする

・簿記3級は難しく改訂されているから戸惑って当たり前

・難しかったら先に回答・解説を見る

以上の3点です。

簿記3級に合格するのは大変なことだと私は感じましたが、裏を返せば、取得すれば経理や税務に対応できる資格に進化しているということです。

私が簿記3級を取得した頃よりも、就職や実務に役に立つ資格になったといえます。

合格する価値のある資格ですので、この記事のアドバイスを参考に試験までは挫折せずに勉強を続けて欲しいです。

売上原価の算定がわからない方はこちらの記事が参考になります!

小切手の仕訳がわからない方はこちらを参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました