FP3級合格までの道Final~合格発表と勉強法アドバイス~

2021年1月24日に受験したFP3級試験の合格発表を迎えました。昨年9月からシリーズ化して書いてきた「FP3級合格までの道」も最後です。

シリーズ第1回目はこちら↓

最後は合否結果とともに、FP3級合格に向けて奮闘されている皆様に向けて勉強法アドバイスをお伝えして締めくくります。

この記事の信頼性

執筆者<br>モン
執筆者
モン

当ブログを立ち上げる前からFP3級に興味を持ち、勉強開始。

2020年9月からの勉強記録をシリーズ化させて書いてきました。

これまでのFP3級の勉強を通じて、皆さんに伝えたいアドバイスを書いています。

全て事実に基づいた内容です。

FP3級合格発表の日がやってきました!

初めに、2021年3月5日の合格発表について書きます。

自己採点結果は合格圏に達していましたが果たして合否は如何に、、、

試験を受けた体験談と自己採点結果についてはこちらに書いています↓

合否結果

午前10時に合格発表の画面にログインしました。

受験番号を入力して「照会」ボタンを押すと、結果がすぐに出るシステムだったので、あっさりとわかりました。

結果は

学科と実技どちらも「合格」!(*´∀`*)

自己採点結果に間違いはなかったようで、無事に合格できました。

合格発表から3日後、金財さんから試験結果の通知と合格証が送られてきて、合格できたんだ!と実感しました(^o^)

得点は学科58点、実技47点

自己採点と同じでした。

FP3級は合格できたので、晴れてFP2級の受験資格を正式に与えられました。

FP2級の勉強は続けてもいいんだと許可をもらえた気がして、よりモチベーションが上がりました!

FP2級の勉強に関しては記事にしたいことがありましたので、後日更新します。

FP3級の勉強法アドバイス

無事に合格できたとわかって安心したので、FP3級の勉強に奮闘されている方に向けて最後に伝えられることはなんだろうか?

と考えながら、思いつくことを書き出しました。

以下から勉強法アドバイスをまとめています

過去問は早いうちからやった方がいい

過去問の演習は必ずやった方がいいし、演習を始めるのは早ければ早いほど点数が伸びます。

私は試験1ヶ月前から過去問の演習を始めましたが、今考えると過去問演習のスタートはもっと早くてもよかったと後悔しています。

正直なことを言うと、「みんなが欲しかったFPの教科書」の冒頭で書かれているとおりに、「みんなが欲しかったFPの問題集」を一通り解いてTACさんの「あてる予想問題集」を解けば十分だと思っていましたが、問題演習の足りなさを実感させられました

そこで焦った私は「過去問道場」さんの問題をひたすら解きまくりました。

その時の詳細が書いてあるのはこちらです↓

過去問道場さんの優れた機能のお陰でもありますが、過去問の得点率が上がって本番にも自信を持って臨めました。

過去問は参考書よりも問題集よりも予想問題よりも点数が伸びるツールです。

参考書を覚えるより問題演習をしよう

過去問の話と少しかぶりますが、参考書を覚えるよりは問題演習に時間をかけた方が点数は伸びます。

FPは暗記重視の科目に感じますよね。

しかし、意外にも対策は問題演習を重視した方が知識が頭に入りやすいし、点数の伸びも実感できます。

「参考書を何回かリピートして読んでるけど頭に入ってる気がしない」と思っている方も、思い切って問題演習を始めてしまいましょう。

問題を解いていてわからない論点や間違えた論点を参考書で見返すと、不思議なことにスッと頭に入ります。

「習うより慣れよ」

FPはこの言葉が一番当てはまっている資格といえます。

法律や制度の改正に気をつける

法律や制度の改正には敏感になっておきましょう。

私が受験した時にはなかったのですが、たまに改正されたばかりの法律や制度に関わる問題が出題されることもあります。

私が受験した1月期の試験は、前年の10月1日時点の法律や制度を基準として出題されます。

使っていた参考書が発売されたのは前年の5月です。

5月から10月の間に改正があれば、参考書の内容が全て正しいとは限らないです。

そこで、Twitterのフォロワーさんやお世話になっている「お金の寺子屋」さんから発信される情報はチェックしていました。

そして、雇用保険の待機期間が改正されたと知りました。

詳しくは「お金の寺子屋」さんが講義動画で解説してくれています。

雇用保険の制度改正(令和2年10月)-受給資格期間の短縮

ちなみに5月受験の場合は前年の10月1日、9月の場合はその年の4月1日時点の法律や制度が出題基準となっています

参考:金財ホームページ 法令基準日 | 一般社団法人 金融財政事情研究会 (kinzai.or.jp)

   

マークシートの練習はした方がいい

意外と役に立ったのがマークシートで回答する練習でした。

私は試験の1週間前にやっておこうかと思い、「あてる予想問題集」についていたマークシートを使って本番感覚でやってみました。

マークシートってものすごく久しぶりだったので、回答する番号がずれるとかそんなミスもありました。

番号のずれで失点なんて悲しすぎるので、ケアレスミス防止に一度は練習した方がいいですよ!

そして、練習の際は、自分のやりやすい見直し方法も研究することをおすすめします。

ケアレスミスも防げるだけではなく、試験後の自己採点で正確な点数がわかります!

FP3級の論点はしっかり理解する

FPの出題分野は多岐にわたっているので、金融関係など関連しているお仕事に就いていない方は、どうしても論点が頭に入らないこともあるでしょう。

理解できない論点はなぁなぁにしないで、しっかり理屈まで理解する対策をしていただきたいです。

対策法としては、YouTubeの講義動画で十分ですが、それでもわからなければ、通信講座の受講も検討してもいいでしょう。

FP3級とFP2級の通信講座の選び方はこちらの記事が参考になります。

【FP3級・FP2級】通信講座の選び方~希望に応じた講座を紹介~ | 資格が趣味のアラサー主婦!モンのブログ (monnoblog.com)

私が理屈の理解を勧める理由は以下の3つです。

・理屈まで理解した方が暗記の負担が減るから

・FP3級の知識はFP2級、FP1級試験の土台になるから

・FPの知識は日常に活かせるから

私は、YouTubeの「お金の寺子屋」さんの講義動画で理解するようにして、暗記の負担を減らしました。

そうすると、勉強が楽になりました。

FPはただでさえ覚えることがたくさんあるので、暗記に頼りすぎると頭がパンクして嫌になったり、本番でど忘れしたりなんてこともありえます。

わからないことがあっても言葉だけ覚えればいいやと開き直るのではなく、何がわからないのかを考えながら知識を習得するようにしましょう。

そして、今はFP2級を勉強していますけれども、どの論点も3級の知識が土台となっていると日々実感します。

3級の知識が頭に入っていると理解が進むのですごく楽です。

3つ目の理由「FPの知識は日常に活かせるから」は、私の個人的なお願いみたいなものです。

せっかくお勉強するのですから、みなさんにはしっかり理解して勉強したことを日常に役立てていただきたいです。

まとめ

FP3級の勉強に奮闘されているみなさんにお伝えしたいアドバイスは以下のとおりです。

・過去問は早いうちにやった方がいい

・参考書を覚えるより問題演習をしよう

・法律や制度の改正に気をつける

・マークシートの練習はした方がいい

・FP3級の論点はしっかり理解する

上記のアドバイスが皆さんのお役に立てれば幸いです。

勉強を始めてからコロナで試験を諦めたり、途中で勉強を中断させたりいろいろあって1年かかりましたが、やっと合格できました。

「FP合格までの道」シリーズも完結できてほっとしております。

現在妊娠中で初めての子育てを迎えることになり、FP2級は受験できるか未定ですが、いつの日か受験して体験談を記事にしたいです。

FP3級の勉強方法はこちらでまとめていますので参考にしてください↓

FP3級とFP2級の勉強が独学では厳しいかもという方へ
通信講座の選び方をまとめているので参考にしてください↓

「気になる資格が見つかる・資格Hacks」

「スキマ時間で資格取得・スマート資格」

コメント

タイトルとURLをコピーしました