スポンサーリンク

妊娠糖尿病でイライラした時の対処法

man love people woman
Photo by Polina Tankilevitch on Pexels.com

妊娠糖尿病で療養中、自己血糖値測定や食事療法でイライラすることはありませんか?

私は現在妊娠中で妊娠糖尿病と診断されて、自己血糖値測定&食事療法ライフを送っています。

妊娠糖尿病と診断された時の詳細はこちらに書いています↓

自己血糖値測定&食事療法ライフを送っていると、たまに「イライラする~(-_-;)」と挫けそうになります。

しかし、イライラを解消するために、いろいろと対処してだいぶ楽になりました!

そこで、この記事では妊娠糖尿病でイライラして挫けそうになっている方のために私がやっている対処法を紹介します。

妊娠糖尿病でイライラした理由

初めに、私が妊娠糖尿病でイライラした理由を説明します。

主なイライラの原因は、自己管理の大変さと食事制限でした。

1日6回の自己血糖値測定と分割食

1日6回の自己血糖値測定と分割食は自己管理が負担に感じます。

何かに集中していると血糖値測定と間食の時間を忘れてしまうことも何度かあるので、タイマーやアラームを使っています。

ブログやライティング記事を書いていて調子が良い時に手が止まるのも、ちょっと嫌だなと思う時もあります(^◇^;)

「身体に良いものを食べなきゃ」というプレッシャー

糖尿病や妊娠糖尿病の患者さんは野菜のおかずを取り入れるように指導されます。

料理苦手な私にとって、

野菜のおかずを作るのってけっこう手間がかかるし献立を考えるのも億劫になってくるんですよね(*_*)

野菜を切って、焼くか煮るかする課程が面倒くさい。
何の野菜を使おうかから考えるのも飽きてくる。
※ダメ主婦でごめんなさい。

でも、血糖値のためにはやらないといけない。

そんなことを考えていたらストレスを感じるようになりました。

甘いものを食べたいのに食べられない

甘いものを食べたい時に食べられないのが一番きつかったです(;_;)

お菓子類は1週間に1回と制限されています。

食べるにしても少ししか食べられないですし。

チョコレートなんて3粒しか食べられないんですよ(T_T)

チョコレート大好き人間には辛い。

イライラが一番辛い時にスーパーに買い物に行くと、お菓子売り場が嫌でも目に入りました。

「見たら食べたくなるから見るな!」と自分に言い聞かせてなんとか乗り切ってレジにたどり着いたら、小さめなチョコレート菓子とか飴とかガムとかが並んでいます。

あの時は、発狂しそうになりました。
といいつつ、人前でそんなことはできない小心者なんですけどね。

妊娠糖尿病のイライラへの対処法

イライラがピークに達して本当にどうしよもなかったので、気を晴らすためにいろいろとやりました。

自己血糖値測定と分割食に関しては、やめるわけにいかないので食事の面でイライラを解消させました。

「惣菜のサラダでもいいじゃない」と開き直った

Anni PekkanenによるPixabayからの画像

「野菜を使ったおかずを手作りするのがストレスだ」と、栄養士の妹に愚痴ったところ「惣菜のサラダでも十分じゃない?」と言われました。

そう言われればそうだよね!なんで今まで頑張って作ろうとしていたのかしら(゚_゚;)

と気づいてからは、惣菜コーナーのサラダや冷凍食品売り場にあるブロッコリーやほうれん草を食べるようになりました。

後日、病院の栄養指導で栄養士さんにこれまでの経緯を話すと「惣菜でも冷凍でも野菜が摂れていれば全然いいですよ!」と言われました。

身体のためにと思いすぎて苦手なことを無理にやろうとすると続かなくなります。
しんどくなったら手抜きも必要です。

作り置きを一気に作って保存しておくのも気が楽になります(^o^)
料理教室に通うのも億劫という方はオンラインで作り置き料理を学べる「Cook LIVE」はいかがでしょうか?

ご飯の量を減らしてアイスを食べた

スーパーのレジ前にあったお菓子類に発狂しそうになった翌日、気持ちが乱れて夜の間食時にアイスを食べる決意をしました。

アイスも糖分がけっこう入っているので、穀物の量をいつもより減らしました。

穀物の摂取量は血糖値に一番響きますからね(..;)

1日の摂取量を減らした後に食べたアイスは、この上なく美味しかったです!!

「今までのイライラはなんだったのかしら?」というくらい気持ちが晴れました(^o^)

翌日以降、血糖値が高くなることはありませんでした。

病院の栄養指導で栄養士さんにアイスを食べたことをカミングアウトしたら、「どうしても我慢できなかったら週1~2回くらいは好きなもの食べて次の日からまた食事に気をつければ大丈夫ですよ。穀物の量も減らさなくていいですよ。」

とアドバイスをいただきました。

食べたいものを食べて歯止めが効かなくなるのは危険ですが、週1~2回くらいで抑えられる場合は、穀物の量は減らさなくてもよかったみたいです。

簡単・時短!管理栄養士監修の料理キット ウェルネスダイニング

低糖質食品の通販を利用してみた

アイスでイライラを解消した後に低糖質食品の存在を知りました!

私が気になったのは、低糖質食品を販売しているネット通販「BIKKE」さんです。

独自の製法で糖質カットのパン・スイーツを作っている会社です。

商品は楽天市場でも購入できます。

「糖質カットで甘いものが食べられるなら、アイスより血糖値への影響が少ないかもしれない」と思い、早速注文してみました!

私が購入したのは、全部で12種類のうち好きなスイーツ5種類を選べる「選べるお得なスイーツセット」です!


私が選んだのは以下の5種類。

・スイートチョコレート(1袋)
・窯出しフロマージュ(4個)
・ゴロゴロナッツの生クリームスコーン(4個)
・チーズタルト(3個)
・濃厚ミルクプリン(4個)

チョコレートお預け状態だった私にはとてもありがたい!

早速チョコレートをつまみ食い。


うまい!

ビターチョコのようなお味がしました。

甘ったるくないので、余計にボリボリ食べてしまう。

冷凍で届いてそのまま冷凍保存ができるので、届いたその日からをちょこちょこつまんでいます。

ゴロゴロナッツの生クリームスコーン。

ナッツのたっぷりで歯ごたえが良い感じ。

腹持ちがすごい!昼食前にお腹が空いたので食べたら、昼食がいらなかったくらい。

こちらのスコーン、試行錯誤の末に糖質量を3.6gまで抑えられたそうです。

大抵のスコーンは糖質30gを超えるそうなので、これはすごい!

参考:スコーン – カロリー/栄養成分/計算 | カロリーSlism


チーズタルトと窯出しフロマージュはクリームチーズがぎっしり。



ミルクプリンはとろっとした食感とミルクの濃厚さを感じます。


BIKKEさんのスイーツ食レポートは以上です!

妊娠糖尿病と診断されてから、食べたいものを我慢している私にとってはご褒美でした。

低糖質というコンセプトだからか全体的に甘ったるくないお味。

でも、これがまた食べやすいので、ぜひお試しあれ!

まとめ

私と同じく妊娠糖尿病でしんどい思いをしている方の参考になればと思ってこの記事を書きましたが、ほぼグチ日記になってしまいましたね(^_^;

少しでも参考になればいいのですが、、、

妊娠糖尿病と診断されてしまうと、食べたいものを食べられなかったり、これまでの生活習慣が変わったりと辛いことがありますよね。

イライラが募って1回だけ好きなものを食べた末に浮かんだ言葉は、「たまには手抜きと息抜きは必要」でした。

糖尿病内科のお医者さんにも「先は長いですからあんまり根詰めないでください」と言われました。

妊娠糖尿病と診断された妊婦さんは、だいたい4ヶ月前後対策期間が続きます。

その間に不安になったり葛藤したりすることはたくさんあります。

暴走しすぎない程度に好きなものを食べてイライラを解消したり、「1回くらいなら血糖値測定や間食を忘れてもいいや」と開き直ったりしながら、妊娠糖尿病の対策を続けていきましょう!

ベビー用品の購入はアカチャンホンポ

出産準備はAmazonベビーレジストリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました