スポンサーリンク

「超読解力」という書籍を読みました~読解力が身に付く考え方~

前回の記事で少しだけ紹介した書籍「全教科対応!読めるわかる解ける超読解力」(以下、「超読解力」)。

全部読み終わりました~。

前回の記事でも少し触れましたが、この本を読んで読解力が身に付く考え方というものがちゃんと存在することがわかりました。

学生の時からなんとなく読んでなんとく読むしかないと思っていた国語の文章。

考え方を持って読めば中学入試・高校入試・大学入試などあらゆる読解問題もちゃんと理解して答えられるそうです。

今回の記事では、「超読解力」の内容と私が「なるほど」と思った読解力が身に付く考え方を紹介します。

スポンサーリンク

「超読解力」は読解力が身に付くノウハウが学べる

「超読解力」は読解力が身に付くノウハウを学べる本です。

著者は善方威さんという中学受験国語塾β(ベータ)国語教室代表の方です。

小学生を始めあらゆる年齢の生徒に国語問題を指導しています。

読解力指導のノウハウを1冊にまとめた本

著者の国語塾では読解力を上げるための指導を中心に行っており、「超読解力」は生徒への指導ノウハウを1冊にまとめた本です。

実際に本に書かれている内容を指導した生徒は国語の成績が飛躍的に上がると実証されているので、読解力を身に付けるにはかなり有効な本といえます。

読解ができるようになるツールを教えてもらえる

著者は文章をしっかり読解するためには、ツールが必要だと指導してきました。

ただ文章を読むだけでは精読することができず、読解力も全く上がりません。

そこで、初心者でも読解ができるように著者自ら編み出したツールを使わせる指導方法を考えたそうです。

「超読解力」では、実際に生徒に教えているツールがたくさん書かれています。

そのツールの1つが読解力が身に付く考え方です。

読解力が身に付く考え方3選

それでは、読解力が身に付く考え方とはどういったものがあるのか説明しましょう。

惜しみないくらいたくさんの指導のノウハウを書かれているので、この記事では私が「なるほど」と思ったものを3つ紹介します。

答えは全部文章だけに書いてある

1つ目は「答えは全部文章だけに書いてある」です。

これは選択問題で使える考え方で、問題文に与えられた選択肢1つ1つを「本文に書いてあることと一致しているか」と考えながら吟味します。

そして、選択肢の語句や文章の区切りの1つ1つに○△×を付けます。

○△×の基準

○・・・本文に書いてあること、本文からわかること、本文の言葉の言い換えなど

△・・・本文から確定はできないが、変な感じが残る

×・・・あきらかに本文と違っている。

上記の基準を元に○△×を付ける作業を繰り返して、最終的に全部○が付いた選択肢が正答です。

この選択問題の解法から答えは全部本文にだけ書いてあることを学びました。

選択問題もなんとなく文章を読んでそれっぽいものを選んできましたが、なんとなく読むでは意外と自分の解釈とか思い込みも含んで読んだりしちゃうんですよね。

余計な解釈や思い込みは全く入れなくても本文に書いてある言葉をそのままあてはめて解くだけで正答は導けるんだなぁとわかりました。

極端な言い回しは怪しい言葉

2つ目は「極端な言い回しは怪しい言葉」です。

「絶対に~」や「必ず~」など極端な言葉が付いている言葉は間違いの可能性が高いとのこと。

このような言い回しが出てきたら先ほど紹介した○△×の中で△を付けるのがベストだそうです。

極端な言い回しというのは「例外を認めない」言い方だと著者は言っています。

他のモノを一切認めず自分の主張だけを通すのはたいてい怪しくて危険な人ばかりですよね。

私はこの極端な言い回しに対する考え方を初めて知って、国語の問題だけではなく日常生活で持つべき物事を考え方を学べたんだなと感銘を受けました。

明らかに怪しい男ですね。。。

未知のことはこれまで学んだ知識にあてはめる

3つ目は「未知のことはこれまで学んだ知識にあてはめる」です。

中学受験を受ける小学生くらいの歳だと人生経験が少なくて、知らないことがたくさんありますよね。

しかし、中学受験はそんな小学生が経験したことがないような物事を題材にした文章が容赦なく出題されるそうです。

そこで、著者は国語入試頻出されている知識パターンを生徒に教えています。

この知識パターンはだいたいの入試問題に共通しているものばかりです。

そのため、未知のことが題材になった問題が出題されたら知識パターンのどれかにあてはめて考えながら解けばいいと生徒に伝えています。

知識パターンは複数あって、全部は説明しきれないので気になる方はぜひ書籍を読んでみましょう!

小学生より人生経験がある大人だって未知のことばかりだし、未知との遭遇があれば大なり小なり不安は感じますよね。

そういう時にこそ、未知のことでも無理矢理でもいいからこれまで学んだ知識にあてはめるという考え方が頭にあれば何事にも立ち向かえそうな気がしてきますね。

まとめ

この記事の内容をざっくりまとめると以下のとおりになります。

「超読解力」は読解力が身に付くノウハウを学べる=読解ができるようになるツール

ツールの1つが「読解力が身に付く考え方」

①答えは全部文章に書いてある
②極端な言い回しは怪しい言葉
③未知なことはこれまで学んだ知識にあてはめる

「超読解力」の内容やその中で一番印象に残った読解力が身に付く考え方が伝わったでしょうか?

読解力を付けるためには文章を読むことを繰り返すしかないと考えていました。

しかし、「超読解力」を読んで読解力が身に付く考え方いうものがあり、これらの考え方を駆使すれば読解力は飛躍的に上がることがわかりました。

読解力が身につくツールや考え方を学べたことは有益なことだったと感じています。

読解力に興味がある方は「超読解力」で読解力が身に付く手法を学んでみてはいかがでしょうか?

この記事の執筆者

 <span class="bold"><span class="fz-18px">モン</span></span>
モン

資格取得が趣味の主婦

自分と同じく資格が趣味の主婦に向けたブログサイトを

開設し、資格の勉強や主婦に向けの雑記記事を更新中。

現在一児の母。

詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました