スポンサーリンク

0歳育児にもんのすごく役に立ったロトトクッションの活用法

我が家のロトトクッション。子どもの顔出しはやめとこうと思ったので、子どもが大好きなミッキーマウスのぬいぐるみが代役。

0歳児育児では、「眠いのに子どもが寝てくれない。」、「ミルクを頻繁に吐き戻してしまう。」といった悩みはつきものですよね?私も同じように悩んでいました。

そんな時に役に立ったのが、うちの子が生後3ヶ月の時に書いた記事で紹介したロトトクッション!息子が生後2ヶ月の時からロトトクッションを使い始めて、たくさんの恩恵を受けました。息子が1歳になった今でも、もんのすごく役に立った育児アイテムだと思っています!

そこで、この記事では、

・ロトトクッションが私と子どもにとっていかに役に立ったのか
・私が実際にやっていたロトトクッションの活用法

を紹介します。

ロトトクッションが0歳児育児の助けになるアイテムだということを伝わるでしょう。また、ロトトクッションは、お子さんを寝かせる以外にも役に立つ使い方があることをわかっていただけるでしょう。

ぜひ参考にしてくださいね(^o^)

ロトトクッションとは韓国発の育児アイテム

最初はロトトクッションとは何?という話です。

韓国在住のご夫婦が開発したクッション

ロトトクッションとは、韓国の「ロトトベベ」という会社が開発したクッションです。韓国在住のあるご夫婦が開発されました。そのご夫婦も0歳の赤ちゃんを育児していて、ある悩みを抱えていたそうです。その悩みを解決するために、試行錯誤を重ねてロトトクッションを作り上げました。

参考:ロトトベベHP https://rototobebejp.com/index.html


「ロトト」=ゲップ・赤ちゃんの吐き戻し防止のために作られた

ロトトクッションを開発したご夫婦の悩みとは、「赤ちゃんの吐き戻し」でした。ロトトクッションの「ロトト」というのは、フランス語で「ゲップ」という意味なんですよね。

ミルクを飲んだ後に赤ちゃんがうまくゲップができなくて、背中をトントンしている途中で吐き戻しとか。ゲップが出ないので、そのまま寝かせたら寝たまま吐いちゃったとか。そういう経験をされている親御さんはたくさんいらっしゃるでしょう。ロトトクッションはゲップがうまく出なくても、そのまま寝かせるだけで赤ちゃんが吐き戻しをしにくい構造になっています。

ロトトクッションの構造は真ん中がくぼんでおり、赤ちゃんが寝ながら少しだけ頭を浮かせる体勢をキープできます。例えると、こんな体勢↓

ロトトクッションは常にこの体勢をキープします。

クッションの上でこの体勢でいると吐き戻しを防げるのです。

赤ちゃんがリラックスできる構造で背中スイッチ対策にも

また、ロトトクッションで上記の体勢で寝ることで、赤ちゃんはリラックスできるため背中スイッチ対策にもなります!ミルクを飲んだ後の寝かしつけをして「やっと寝てくれた~!」と安心したのも束の間、寝床に赤ちゃんを置こうとしたら背中が床面に触れて泣き出すんですよね!だから、こんなに↓慎重になって赤ちゃんを布団に置くことに。

ロトトクッションは、こんなに↑慎重に置かなくてもサッと置くだけで赤ちゃんは寝てくれます。

<span class="bold">執筆者・モン</span>
執筆者・モン

ロトトクッションって、触ってみるとすんごいふかふかフワフワしていて心地良いんですよね。

頭を浮かせる構造はもちろんですが、これも赤ちゃんがリラックスして眠れる理由なんでしょうね。

ロトトクッションはもんのすごく役に立った

私も息子が生後2ヶ月の時からロトトクッションを愛用していました。育児グッズの中でもんのすごく役に立った代物だと感じています。実際にどれだけ役に立ったのか実際に使った体験談をお話します。

息子が生後2ヶ月から実際に使っていたロトトクッション。

ホントにゲップが出なくても吐き戻ししなかった

息子はミルクをがぶ飲みするわりにはゲップが出ずらい子でした。いくらトントンしてもこんな気持ちのいいゲップ↓はあまり聞いたことがなかったです。

1歳になった今では離乳食後にそのままうつ伏せにしても豪快なゲップをします(笑)

「ゲップをしないといっても放置したら絶対吐くよね~」と思いながら、ずっとトントン。でも、息子は産まれた時から大きめだったので、抱っこし続けるのがしんどい!でも、ロトトクッションを購入したらそんなしんどさからも解放されました。

ホントにゲップをしないまま寝かせても吐き戻ししない!

お陰様で腕の筋肉痛がかなり楽になりました。

とにかくよく眠るようになった

私もご多分に漏れず背中スイッチに悩まされた1人でした。息子は授乳後、ベビーベッドに置くと泣いてばかりで全然寝てくれませんでした。「こっちが泣きたいくらいだよ~(/_;)」という日々でしたが、ロトトクッションでそんなこともなくなりました。

息子はロトトクッションを使ってから本当によく眠る子になったのです!

お陰様で私の休み時間もだいぶ増えました。

背中スイッチで寝ない子だったのに、ロトトクッションを使ってからよく眠る子に変わりました。

育児が楽になる活用法がいろいろあった

ロトトクッションのお陰で、吐き戻しと背中スイッチの悩みから本当に解放されました。価格は1万円超えとお高めでしたが、それだけの価値は十分にあると私は言い切れます。


また、ロトトクッションは吐き戻し&背中スイッチ対策だけではなく、使い方次第で育児が楽になることがたくさんありました。次の章から育児の役に立った活用法を紹介しますね!

ベビー用品の購入はアカチャンホンポ

育児の役に立ったロトトクッションの活用法3選

それでは、私にとって大いに役に立ったロトトクッションの活用法を3つ紹介します。息子の顔出しを控えたいので、実際に使っていたロトトクッションの写真に軽く絵を描き加えました。当時の様子が伝わればいいなぁ。

頭側のサイドにおしゃぶりやぬいぐるみを置いておく

ロトトクッションの頭側には広くスペースがあるので、ここに育児によく使う物を置いてました。

頭側には物を置けるスペースがあるので、育児でよく使う物はここに置いていました。

例えば、おしゃぶり。子どもが泣き出したら、すぐにおしゃぶりをくわえさせてしのごうとするズボラ母な私。でも、おしゃぶりってそこら辺に転がしてたらすぐに見つけられないんですよね。そこで、ロトトクッションの頭側に定位置として置いていました。

そしたら、おしゃぶりがどこにあるかすぐにがわかるので、おしゃぶりを探す手間が省けます。息子はが泣いてもすぐにおしゃぶりをくわえさせることができるのです。お陰様で、息子は泣き出してもすぐに泣き止みました。他には、息子の横にぬいぐるみを置くこともやってましたね。こんなかんじで大好きなミッキーさんを置いたら満面の笑みを浮かべていました。

子どもを一緒に移動させて後追い防止

ロトトクッションには持ち運びできるように取っ手(?)が付いています。子どもをロトトクッション置いたまま取っ手を引っ張って移動させていました。

子どもは私がちょっとでも離れたらギャン泣きします。いちいち泣き止ませるのに戻っていたら何もできない。そこで、ロトトクッションに息子を乗せて、取っ手を引っ張りながら一緒に移動します。

やれ台所~

やれお風呂~

やれ来客中~

と家中どこでも常に息子と一緒。息子は私の姿が見えているからか、後追いで泣くことが激減!。お陰様で、私もやらなきゃならない家事などを順調にこなせるようになりました。

子どもの足側に頭をつけて子どもと一緒に昼寝

ロトトクッションのふんわり感といったら大人もやみつきになるんですよねぇ。頭を付けるともんのすごく心地良いので、赤ちゃんは嫌でも寝ちゃうわぁってかんじ。フワフワ感の誘惑に負けて私もロトトクッションで子どもと一緒にお昼寝していました。

子どもの足側に頭をつけて子どもをトントンしながら昼寝をするという超幸せな時間。今じゃ息子は寝返りしまくるので、ロトトクッションに寝かせてもすぐ落ちるでしょうね(笑)二度とないであろうあの時間(T_T)

息子が昼寝を始めたらこんな感じで一緒に昼寝していました。

まとめ

ロトトクッションがいかに育児に役に立ったアイテムかを体験談を交えて紹介しました。そして、私のロトトクッション活用法3選を紹介させていただきました。使い方を試行錯誤すれば、ロトトクッションにはもっといろんな活用法があるでしょう。多くの可能性を秘めた育児アイテム「ロトトクッション」であなたの育児を楽にしてみてはいかがでしょうか?


最後に、この記事のまとめを書きます。サラッと読みたい方は、以下から読まれることをオススメします。

●ロトトクッションとは韓国発の育児アイテム
 ・韓国在住のご夫婦が開発したクッション
 ・「ロトト」=ゲップ・赤ちゃんの吐き戻し防止のために作られた
 ・赤ちゃんがリラックスできる構造で背中スイッチ対策にも

●ロトトクッションはもんのすごく役に立った
 ・ホントにゲップが出なくても吐き戻ししなかった
 ・とにかくよく眠るようになった
 ・育児が楽になる活用法がいろいろあった

●育児の役に立ったロトトクッションの活用法3選
 ・頭側のサイドにおしゃぶりやぬいぐるみを置いておく
 ・子どもを一緒に移動させて後追い防止
 ・子どもの足側に頭をつけて子どもと一緒に昼寝

the kindest babyfood

コメント

タイトルとURLをコピーしました