スポンサーリンク

【FP3級&2級】みんなが欲しかった教科書&問題集のメリットとデメリット

この記事では、みんなが欲しかった(以下、みんほし)FPの教科書&問題集のメリットとデメリットを書きます。

FP3級とFP2級の勉強では、みんほしシリーズにお世話になっていました。

資格勉強の初学者におなじみのみんほし。

人気者ゆえにレビューは多数ありますが、自分なりの見解を書いてみたくなりました。

デメリットへの対処法も紹介するので、「FP3級とFP2級の参考書と問題集はどれにしよう?」と迷っている方は判断材料としてぜひ読んでくださいね(^_^)/

【FP3級&2級】みんなが欲しかった教科書のメリット

最初は、みんほし教科書のメリットから紹介します。

FP2級の教科書は2分冊にできます。

やっぱり初学者に向けて作られているのがありがたいですよねぇ。

初学者にやさしく説明してくれる

みんほし教科書は初学者でも理解しやすいようにやさしく丁寧に説明してくれます。

文章の説明の後には簡潔にまとめられた板書が付いてきます。

文章ばっかりだと嫌になってくるじゃないですか(*_*)

だけど、この板書のお陰で飽きることはありませんでした。

それから、時折女の子のキャラクターがさらに説明文をかみ砕いた説明をしてくれるので、より理解しやすかったです。

図解がわかりやすい

やさしいのは説明だけではなく図解もです。

例えば、この図解。

カラフルなので、図も読み取りやすいし小さい文字で説明も付けてくれるのでとてもわかりやすかったです。

オールカラーでやる気が出る(個人的な見解)

そして、オールカラーが私のやる気をそそりました!

ものすごい個人的見解ですけどね。。。

参考書がカラーなの嫌!という方もいらっしゃるのは承知しておりますが、色とりどりの参考書は脳が活性化される感じがするんですよね。

それで、読んでて眠くなるってことが一切なかったです。

【FP3級&FP2級】みんなが欲しかった教科書のデメリット

お次はみんほし教科書のデメリット。

といっても、みんほし教科書には良い印象しかなく。あまりアテにならないかな(^^;)

正直そんなにないんだよね

デメリットとという章を設けたけれども正直そんなにないんですよね(笑)

勉強はしやすかったし飽きることなく説明も最後まで読みとれたので、ここが嫌!ということもありませんでした。

あえて言うなら、丸暗記で覚えなきゃならない論点もあった

あえてデメリットを言わなきゃならないとしたら、「丸暗記で覚えましょう」という説明のしかたをしている論点もあったことですね。

これは書面で説明している性質上、仕方ないんですけどね(^^;)

表紙で「丸暗記にサヨナラ」とうたっているものの、「これはこういうものだから!」とゴリ押しで説明されている箇所は何個かありました。

丸暗記苦手な私は、「こういうものだから」と説明されている論点はすぐに忘れるとか、なんとなく意味はわかったけれども問題が全く解けなかったです。

デメリットへの対処法

デメリットをぼやくだけではなく、そのデメリットに対して私がやってみた対処法も紹介します。

対処法は、「YouTubeの動画を視る」です。

FPを勉強している方ならやっているでしょうねぇ。

教科書で丸暗記を要するところが出てきたら、すぐにYouTubeを開きました。

今はFPで出てくる論点について「どうしてこうなるのか」と丁寧に説明してくれるYouTubeチャンネルが豊富ですよね。

私がよく見ていたのは「お金の寺子屋」さん

当ブログ内でかなり紹介させていただいております。

お金の寺子屋【公式】
FP3級とFP2級の試験対策動画をアップしています。 大手予備校と遜色ない質と量のコンテンツが無料で利用できるサイト「お金の寺子屋」の動画講義です。 圧倒的なクオリティで、試験に出る全論点を分かりやすく解説しています。 *YouTubeで質問は受け付けておりません。サイトの質問フォームをご利用下さい。

FP3級受験前は

「おーちゃん」先生の直前対策に大変お世話になりました。
この動画を見ないと試験当日に全く答えられなかった問題もありました。

おーちゃん【1級FP技能士】TV
1級FP技能士、宅地建物取引士です。 楽しくなければ勉強も運動も上手くいかないと思ってる人間です。 算数や数学が苦手ですが電卓使えるFP試験は誰でも、この私ですら1級ゲットできました。 プレジデント、日経ウーマン、東洋経済、DIME、日経クロスウーマンさんに取り上げて頂き感謝! 全てはご視聴頂いてる皆さんのおかげです。...

現在、FP1級の勉強でお世話になっている「ほんださん」先生も、FP3級受験者も理解できるように基礎から説明してくれます。

https://www.youtube.com/c/%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%95%E3%82%93-%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%8D%921%E7%B4%9AFP

無料でFPのわからないところが解決できるなんて本当にありがたいです。

【FP3級&FP2級】みんなが欲しかった問題集のメリット

みんほし教科書のメリットとデメリットを一通り説明したので、次は問題集です。

私は、みんほし問題集は使いやすいと思っています。

教科書との連携が良いから使いやすい

みんほし問題集は教科書と連携が良かったので、教科書を読んだ後にすぐにアウトプットができて使いやすかったです。

下の写真のように教科書の単元と同じタイトルで問題を編集しているので、教科書に対応した問題が一目でわかります。

FPはインプットの後にすぐアウトプットした方が頭に入りやすいので、この構成はよかったです。

赤シート対応で答えは見ないで解けた

みんほし問題集は赤シート対応なので、答えを見ないで解けました。

問題を解いてつまづいたら、つい甘えの気持ちが出て答えをみてしまうんですよねぇ。

でも、赤シートのお陰で正々堂々と問題演習ができました。

【FP3級&FP2級】みんなが欲しかった問題集のデメリット

最後はみんほし問題集のデメリットです。

ここはけっこう辛口かも。

問題数が少なくて力が付いた実感が薄い

FP3級・FP2級のどちらとも

「問題少なっ!」

と思っておりました。

特に、実技の問題数は物足りなかったです。

私は金財さんの保険顧客資産相談業務・生保顧客資産相談業務を選択していて、実技の問題数は各分野とも2問~5問といったところ。

実技苦手だったので、「もっといろんな問題解いていろんな知識を吸収したいよ~!!」と嘆いていました。

解説飛ばしてる問題が大量発生

特にFP2級の問題集にいえる事なのですが、

「解説書いてない!!」

という問題がいくつかありました。

「ここの解説知りたかった~!」

と不満もポロポロ漏れました。

でも、考えてみたらFP2級の問題集はこんなに↓分厚いので掲載問題数を増やして全部の問題を解説していたらとんでもない分厚さになりますね。

こればかりは仕方ないことだと思うようにします。

デメリットへの対処法

不満ばかりいっても合格はできないので、対処法を探しました。

見つけたのが「過去問道場」さん

https://fp3-siken.com/kakomon.php
https://fp3-siken.com/kakomon_j.php
https://fp2-siken.com/kakomon.php
FP2級 過去問道場🥋 (実技)【完全解説付】

ネットやTwitterでかなり評判が良かったので、私もやってみました。

これまで実施された試験の過去問は全て解けるし、全部の問題をわかりやすく解説してくれるしありがたすぎるコンテンツです。

やっぱり解いた問題の数が多ければ多いほど力がついていくことを実感しました。

みんほし問題集では物足りないという方はすぐに過去問道場さんでカバーしましょう!

まとめ

FP3級とFP2級のみんほし教科書&問題集のメリットとデメリットについて個人的な見解を書きました。

参考書選びの判断材料になったでしょうか?

内容をまとめるとこんなかんじです↓

●みんなが欲しかったFP教科書

メリット
①初学者にやさしい説明
②わかりやすい図解
③オールカラー

デメリット
①そんなにない
②(あえて言わしてもらうなら)丸暗記が要するところがちらほら
FPについて解説しているYouTubeチャンネルで「どうしてこうなるか」学ぼう

●みんなが欲しかったFPの問題集

メリット
①教科書との連携が良い=使いやすい
②赤シート対応=使いやすい

デメリット
①問題数少ない
②解説飛ばしてる
⇒過去問道場さんにカバーしてもらいましょう

みんほし教科書&問題集にはメリットだけではなく、残念ながらデメリットもあります。

しかし、教科書・問題集ともども合格に必要な内容は詰まっているし、やり方次第でデメリットも克服できます。

FP3級とFP2級の参考書&問題集に迷ったら、みんほしシリーズを試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました