【FP2級実技・生保顧客資産相談業務受験者へ】精選問題集の感想です!

【FP2級実技・生保顧客資産相談業務受験者へ】精選問題集の感想です!

FP2級の実技を金財の生保顧客資産相談業務で受ける方は、あの問題集が気になるのではないでしょうか?あれですね!「2級FP技能士実技・生保・損保顧客資産相談業務精選問題解説集」(以下、生保顧客資産相談業務精選問題集)。

私もFP2級の実技は、生保顧客資産相談業務を選択しました。そして、生保顧客資産相談業務精選問題集を使って勉強していたのです!結局、諸事情で受験までこぎ着けないでいるものの、過去問と模擬問題では7~8割まで得点できるようになりました。

関連記事

2020年1月期のFP2級試験問題を解いて7〜8割得点できました!詳しい話はこちらの記事へ
2022年1月期実施・FP2級試験問題を解いてみた | 資格とお笑いが趣味の主婦!モンのブログ (monnoblog.com)

そこで、この記事では私が「生保顧客資産相談業務精選問題集」を実際に使ってみた感想を書きます。
この記事を読めば、生保顧客資産相談業務精選問題集が皆さんを合格に導いてくれることが伝わるはずです!

生保顧客資産相談業務精選問題集は唯一の専門問題集

最初は、生保顧客資産相談業務精選問題集の概要を説明します。実は、生保顧客資産相談業務の対策ができるのは精選問題集だけなのです。

他に専門的に対策できる問題集はない

生保顧客資産相談業務を専門的に対策できる問題集は、精選問題集の他にありません!FP2級の対策問題集はたくさんありますよね。それらの問題集では、実技の対策もできます。しかし、生保顧客資産相談業務の問題掲載数は大問2~5問です。

私は精選問題集を使う前に、みんほしの問題集を使っていました。学科の対策は十分にできていると感じました。しかし、対策できる問題数が少ないため、生保顧客資産相談業務はどうも上達している気がしない。

試験主催団体の金財が出版している問題集

そこで、私は生保顧客資産相談業務精選問題集を購入したのです。専門的に対策したいという思いが主な購入の理由です。そして、試験主催団体である金財が出版している問題集だからというのも精選問題集を選んだ理由でした。

生保顧客資産相談業務精選問題集の出版元は、「株式会社きんざい」です。株式会社きんざいは、金財関連の書籍や通信講座を提供しています。つまり、金財が主催している試験の専門対策ツールを販売しているのです。ということは、試験の傾向に沿った対策ができますね。

参考:きんざい (kinzai.jp)

<span class="bold">執筆者・モン</span>
執筆者・モン

生保顧客資産相談業務「精選」問題集の名のとおり、頻出問題を「精選」してくれています。

試験主催団体が編集しているので、お手の物でしょう。

頻出問題ばかりを掲載してくれることで、無駄なく対策ができます。

生保顧客資産相談業務精選問題集は合格に向けて十分な対策ができる

お次は、生保顧客資産相談業務精選問題集を実際に使ってみた感想です。お世辞じゃないですが、この問題集に対して特に不満はなかったです。悪いところは、探しても見当たりませんでした。やはり試験主催団体が作った問題集だけあって、合格に向けて十分な対策ができると感じました。

問題数は申し分ない

十分な対策ができると感じた理由は、問題の掲載数が申し分ないからです。各分野全て、合格に必要な問題数が掲載されていると感じました。

各分野の問題数は、こんな感じ。

生保顧客資産相談業務精選問題集・各分野の大問

・A分野(ライフプランニング)・・・9問
・B分野(リスク管理個人分野)・・・8問
・B分野(リスク管理法人分野)・・・5問
・D分野(タックスプランニング)・・・6問
・F分野(相続・事業承継)・・・10問

先ほども書いたとおり、みんほしの問題集は各分野大問2~5問です。この掲載数に比べると、精選問題集の問題掲載数は、各分野とも圧倒的に多いことがわかっていただけますね?実際に、精選問題集で大問5~10問ほど解くことで、知識も自信も付きました

ホップ・ステップ・ジャンプ方式で力が付く

生保顧客資産相談業務精選問題集は、ただ問題をたくさん掲載しているわけではありません。大問の掲載順にも工夫を凝らしています。ページをめくるごとに徐々に難しくなるのです!言うなれば、ホップ・ステップ・ジャンプ方式ですね。

生保顧客資産相談業務精選問題集の構成イメージ図

年金の支給額を計算させる問題を例に挙げると、こんなかんじに難しくなります。

最初の方:年金の計算方法が書かれている問題

途中:年金の計算方法が書かれていない状態で穴埋め問題を出題
※年金の計算方法が頭に入っていないと、穴埋め問題は選択肢が与えられても解けない(*_*)

といったように、ページを進めれば進めるほど出題パターンも難しくなります。簡単な問題から始まり、徐々に難しい問題を解かせる流れによって、難問が出題されても対応できる力が付くのです。

これ1冊だけでも合格できる!

生保顧客資産相談業務精選問題集を使って強く感じたことは、「これ1冊だけでも合格できる!」ということ。そこまで思える理由は、精選問題集で対策する前と後の自分に変化があったからです。

私が生保顧客資産相談業務の対策を始めた時は、合格点に達してないどころか鉛筆が動かないこともありました。

生保顧客資産相談業務の勉強を始めた頃の私。

しかし、生保顧客資産相談業務精選問題集のホップ・ステップ・ジャンプ方式によって出題パターンが掴めてきたのです。そして、あれだけ動かなかった鉛筆がスラスラと動くようになりました!さらに、いろいろな出題パターンに触れられたことから、どんな問題にも対応できるようになりました。

生保顧客資産相談業務精選問題集で対策した後の私。

その結果、過去問と模擬問題は7~8割取れるまでに成長しました。問題の解き方がわからなくて鉛筆すら動かせなかった私が、生保顧客資産相談業務精選問題集によって合格点まで到達したのです!精選問題集を一通りこなせば、実技試験は無事に合格できますよ!!

まとめ

生保顧客資産相談業務精選問題集を使って、FP2級実技を合格するイメージはできたでしょうか?生保顧客資産相談業務精選問題集は、問題掲載数の多さホップ・ステップ・ジャンプ方式という特徴があります。

これらの特徴によって、最初は全く太刀打ちできなかった私が生保顧客資産相談業務で7~8割得点できるようになりました!精選問題集は、まさに唯一の専門問題集といっても過言ではありません。

FP2級実技で生保顧客資産相談業務を受験する方は、生保顧客資産相談業務精選問題集で対策してみてはいかがでしょうか?

それから、生保顧客資産相談業務の勉強法に関する記事も書いたので、ぜひ参考にしてくださいね!

【FP2級実技・生保顧客資産相談業務を受ける方へ】勉強法を紹介します! | 資格とお笑いが趣味の主婦!モンのブログ (monnoblog.com)

最後に、これらの記事が生保顧客資産相談業務受験者を合格へ導きますように!最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA