スポンサーリンク

【体験談】妊娠6ヶ月の主婦がFP3級試験を受けに行った話

私は妊娠6ヶ月の時にFP3級の試験を受けました。

つわりや眠気など体調面は順調ではなく、紆余曲折ありましたが試験は無事に受けられました。

FP3級の受験レポートは既に書いていますが、

この記事ではFP3級受験体験談を妊婦あるあるエピソードを交えて書きます。

妊娠を機に資格を取りたいと考えている方の参考になりますように!

妊娠中の試験対策はどんなかんじだった?

まずは、試験前の話から始めます。

私の場合、FP3級の勉強を進めている途中で妊娠が発覚しました。

調子悪くて勉強が進まないと思ったら妊娠していた

元々、FP3級の勉強を始めた時はちょうどコロナの感染拡大し始めた時期でした。

初めて国内で緊急事態宣言が発令されたこともあり、コロナが落ち着くまでのんびり勉強しようというモチベーションで勉強していました。

しかし、勉強開始から数ヶ月経ち、「なんか気持ち悪い。今日は勉強無理かも」とか「眠すぎるから今日は勉強やめとこ」という状況に。

なんだろうなぁと思っていたら、妊娠検査薬が陽性反応ではないか。

つわりで勉強が進まなくて覚えては忘れる

すぐに産婦人科を受診したら、エコーに赤ちゃんが写っていました!!

「やった~!」と喜んだものの思い込みの激しい私は妊娠=吐き気という思考からか、けっこう早い時期から「気持ち悪い~」とダウンするように。

勉強できた日・できなかった日が交互にやってくるようになり、1つ覚えては1つ忘れるようになってしまいました。

迷ったけど受験を決意

それでも勉強を始めてから時間は経っていたので、一通りの内容は習得していました。

とりあえず試験を受けてみても良い状況なのに、

「気持ち悪いばっかり言ってて試験受けられるのか~?」

「コロナ落ち着くどころかますますひどくなるじゃん!どうしよう。」

と迷いが。それから甘えの気持ちが。。。

でも、出産後を想像したらもっと受験できなくなるんじゃないか!?

と考え直して、金財に受験を申し込みました。

つわりが落ち着いてラストスパートをかけた

妊娠5ヶ月になると、つわりが落ち着いて長時間机に向かえるようになりました。

ちょうどこの時期は試験1ヶ月前。

忘れていく分を取り戻すぞ!!と意気込み、思う存分パソコンで過去問道場さんの問題を解きまくりました。

覚えたものが忘れていかないうちに次々と復習ができて、「油断はできないけれども、合格点はいくかも」という段階までになりました。

実際の私はお腹が重たくてあぐらをかいていた。。。

いざ本番!妊娠6ヶ月にFP3級試験会場へ

そして、試験当日。

1月の試験だったので、雪は大丈夫かと心配でしたが嘘みたいに快晴でした。

清々しい気分で会場まで向かいました。

自宅と産婦人科から試験会場が近くて安心だった

ありがたいことに、試験会場が自宅と検診に通っている産婦人科の近くでした。

この時期はかなり体調が良かったのですが、妊娠中は万が一何かトラブルがあることも考えられるので、産婦人科が近いのは妊婦さんにとってかなり安心です。

金財はFP協会よりも受験会場が多いので、地方に住んでいる人は居住地からより近いところで受けられるのではないかと思いました。

家から少しでも近いところで受けられるなら、移動時間も短縮できるし妊婦さんの負担も軽くなりますね。

とにかくお腹が空くのでお菓子持参

つわりが落ち着いたら今度は空腹の日々です。

試験当日も会場に着いてからすぐにお腹がグ~。

これは午前中の学科までもつだろうかという空腹感だったので、試験管が会場に入ってきたあたりにお昼に食べようとしていたチョコレートをドカ食いしてしまいました(笑)

試験は意外と体力を使うので、妊娠してからお腹が空きやすいという方はお菓子多めに持参で行った方が空腹で集中力を削がれないです。

試験中は胎動でお腹がポコポコ

試験日の2週間くらい前から胎動を感じるようになりました。

今は1歳になったやんちゃぼんずの息子は、お腹にいる時から四六時中ポコポコ蹴りまくる。

もちろん試験中もやってくれて、回答を考えている時に下腹がポコポコ。

電卓叩いている時も胃のあたりがポコポコ。

「集中力が切れるから静かにしてくれ~」と心で訴える始末。

何を思って蹴っていたのかわからないけれども、とりあえず応援してくれているんだと考えるようにして、ポコポコが来る度になでておきました。

妊娠中もFP3級は受験できるし合格もできる

特に体調のトラブルもなく、試験を終えられて充実した気持ちで帰りました。

自己採点をしたところ、合格点に達していることがわかってやりきった感でいっぱいでした。

それから合格発表の日を迎えて結果は合格でした!!

妊娠がわかってから試験まで勉強できない日もあったし、覚えたのに忘れまくることもありました。

でも、そんな私でも合格できました。

資格試験は妊娠しているという理由で受験をお断りされることはないので、受験のチャンスはいくらでもあります。

そして、つわりが辛くて勉強ができなくてもいつまでも続くわけではないので、体調がいい時期もきっとやってきます!!
(※体調に不安な方は産婦人科の先生と相談してみてくださいね。)

だから、妊娠中に興味のある資格が出てきたら迷うこともあると思いますが、とにかく勉強することから初めてみましょう!!

ちなみに、FP3級に興味のある方に向けて私がやってみた勉強法の記事も書いたので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の執筆者

 <span class="bold"><span class="fz-18px">モン</span></span>
モン

資格取得が趣味の主婦。一児の母。

FP3級取得後、出産・育児のドタバタで試験を受けられないでいるけど

勉強だけぼちぼち続けて、現在FP1級勉強中(2022年6月現在)。

詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました