絵本と息子と私~「0歳から絵本読むの!?」から始まった絵本奮闘記~

モンと申します!今回は、息子が0歳の時から始まった絵本奮闘記を語ります。

息子が産まれてからすぐに育児書や助産師さんのアドバイスで「0歳から絵本は読ませた方がいい」と聞くようになりました。

それに対して、私は

「0歳から絵本読むの!?」

と疑問に思っていた未熟な母だったわけです。

しかし、なんだかんだ言いながらも息子に絵本を読んでもらおうと彼が1歳になるまでいろいろと奮闘しました。

この記事では、そんな絵本奮闘記と「0歳から絵本読むの!?」の疑問に対する今の私の答えを書きます。

「0歳から絵本読むの!?」と疑心暗鬼になった生後4ヶ月

息子は私にとって初めての子どもで、産まれてすぐは慣れない育児にいっぱいいっぱいで絵本を読ませる余裕がなかったです。

さらに、生後3ヶ月まではねんね期というのもあって、基本横になっている息子を見ながら「絵本を読ませてもわかるものだろうか?」とさえ考えていました。

そんな私が絵本奮闘記を始めたのは、ある出来事がきっかけでした。

絵本奮闘記の始まりはブックスタート事業

その出来事とは自治体で取り組んでいる「ブックスタート事業」。

息子の4ヶ月健診で公民館に行ったら、図書館のお姉さんに話しかけられました。

お姉さんからは絵本の紹介をされました。

その後、息子に読み聞かせを実施。

「ちゃんと話聞くのか?」とソワソワしていたら、

息子は絵本の方を向いてお姉さんの話を聞いてるではないか!

最後に0歳児向けの絵本でおなじみの「じゃあじゃあびりびり」「ぴょーん」をプレゼントされました。

「この感じだと、今から絵本を読ませてみてもいいかも!」

ここから息子と私の絵本奮闘記が始まったのです。

「この絵本いいかも」と思った絵本を購入してみた

家に帰ってから早速、ごろごろしている息子に「じゃあじゃあびりびり」を読み聞かせしました。

ところが、全然話を聞かない。

見向きもしないでごろごろしまくり(T_T)

「絵本のセレクトが気に入らないのか?」

と考えた私は「これいいかも!」と思った絵本を次々と購入しました。

Amazonで人気と紹介されていた知育絵本「あたまのいい子を育てるプチシリーズ」
(赤ちゃんの発語をサポートする絵本という点が魅力的で購入しました。)

「専門家と作ったスキンシップ絵本シリーズ」
(親子のふれあいの時間作ったり、赤ちゃんの五感を刺激したりできるのが魅力的で購入しました。)

どの絵本も絵がかわいくて、赤ちゃんに言葉やふれあいといった有効な刺激を与えられます。

「これで息子が読んでくれたら万々歳だ!」と私は張り切っていました。

息子は全然絵本に興味を示さなかった

しかし、いくら息子に読み聞かせをしても全然興味を示しません。

彼は絵本を見ることなく、覚えたばかりの寝返りでひたすらゴロゴロ。

2ヶ月程続けてみても絵本を見る兆しは全くなし。

「やっぱり0歳から絵本を読むのは無理なのか!?」

と私は諦めの境地になり、しばらく絵本は本棚に封印したのです。

「0歳のうちに絵本読めるかも!?」と希望が見えた生後11ヶ月

絵本を封印してから時は流れ、息子は生後11ヶ月を迎えました。

もう少しで1歳になるところで転記が訪れたのです。

こどもちゃれんじbabyを始めて絵本にリベンジ

その転記というのが「こどもちゃれんじbaby」を始めたこと。

こどもちゃれんじbabyの教材セットには絵本が入っています。

「今までの息子の様子を見ていたらこの絵本も無駄になる気がする。。。」

と疑心暗鬼になりながらも、初めて届いた絵本「こんにちは」を息子に見せました。

【こどもちゃれんじ公式サイト】

ん?息子の反応がいいかも??

すると、今までの反応が嘘みたいにめっちゃ笑顔になって食いついてる!!

さすが、こどもちゃれんじbaby。

赤ちゃんが好む絵本をわかってらっしゃる。

息子に見せた絵本「こんにちは」は、パンダのしかけが特徴で内容も短くて簡潔なもの。

ということは、初めの頃に見せた「じゃあじゃあびりびり」と「ぴょーん」も食いつくのではなかろうか。

見事、私の予感は的中!

おすわりをしながらジーッと絵本を見ています。

「じゃあじゃあびりびり」に至っては、タイトルを読む度に「バッバッバッバッ」と言葉を発するようになりました。

息子は読み聞かせが日課になった

それからというもの、息子に絵本を見せる度に満面の笑みで寄ってくるようになりました。

私と向かい合わせで座るようにして絵本を見せると、集中して話を聞いています。

毎日見せても飽きることもなく、なんだか楽しそう。

「0歳のうちに絵本読めるようになったどーーーー!」

と私は感動して、絵本の読み聞かせを日課に取り入れました。

私は読み聞かせへの羞恥心がなくなった

いかにも私が積極的に絵本の読み聞かせをしていたように書いていますが、絵本奮闘記を始めた頃は絵本の読み聞かせをするのが超恥ずかしかったんです。

息子が産まれる前は、「地声の低い私が保育士の先生のように高い声で絵本の読み聞かせって絶対無理だ!」と思っていました。

そんな自分が絵本の読み聞かせが日課になるとは。

息子は喜んでいるし、彼にとってもいいことなんだと思うと読み聞かせの羞恥心は全然なくなりました。

0歳のうちに絵本好きになった息子の後日談

ギリギリではあったものの、0歳のうちに絵本好きになれた息子を見て「絵本奮闘記もコレで終わりか。」と安堵しました。

ところが、まだまだ後日談があったのです。

1歳1ヶ月頃から息子の絵本への関わり方にある変化が起きてしまいました。

読み聞かせより本をめくるのが楽しい

日課になった読み聞かせ。

私も「楽しいな。」なんて思いながらやっていると突然、息子が私から絵本を取り上げるようになったのです。

それからは毎日のように読み聞かせは中断。

息子はニコニコしながら絵本のページをパラパラとめくっています。

お子様たちの必携書「はらぺこあおむし」も大好きで読み聞かせをしていたのですが、、、

「りんごをひとつみつけてたべました。」から始まるあのしかけが楽しいのか、めくりまくってボロボロにしました(T_T)

「読み聞かせが必要なくなってちょっと寂しいなぁ。」と私は思いました。

しかし、息子は本をめくることに楽しさを見出しているし、強制しても黙って読み聞かせを聞く年頃ではないだろうと考えて息子の楽しみを優先することに。

1日3冊くらいの絵本を息子の近くに置いて、好きな時に好きな絵本を読めるようにしました。

しばらく様子を見ていたら「絵本読んで」と渡すようになった

息子は絵本をじーっと見ながらページをめくっているので、「集中力が増すかも。これはこれでいいか。」と見守っていました。

そんな日々を経て今、この記事を書いているわけです。

先ほど、息子は「(私が)自分のことを発信しているのか?」とでも勘づいたのか私に絵本をポイっと渡してきました。

どうやら「絵本読んで!」と渡してきたようです。

まだまだ1人で絵本をめくって遊んでいる時もありますが、読み聞かせが再開できて嬉しさを噛みしめています。

「0歳から絵本読むの!?」に対する今の私の答え

息子と私の絵本にまつわる出来事を踏まえて、以前の私が感じていた疑問「0歳児から絵本読むの!?」に対する今の答えを書きます。

私は子どもの発達や絵本の専門家ではなく、一連の出来事の経験で答えているので「そんなもんか。」程度に参考にしていただけると幸いです。

0歳から絵本は読むけれども必ずしも読めるわけではない

息子は0歳のうちに絵本を読み始めたので「0歳から絵本を読むものなんだな。」とわかりました。

しかし、なかなか絵本に興味を持たず、生後11ヶ月になってやっと絵本を読めるようになったことを考えると

「必ずしも0歳から絵本を読めるわけではない」

だろうな、という結論に至りました。

これが今の私の答えです。

0歳からの絵本はやってみて損はなかった

しかし、「0歳から絵本を読まないからといってお子さんに読ませる必要はない。」とは言いたくないです。

むしろ、たとえ読まないとしても0歳からの絵本はやってみて損はないと感じました。

息子の場合、絵本に関心を持つように働きかけたことで言葉を話そうとする意欲が増したように見受けられます。

まだはっきりした単語を話せるわけではありませんが、絵本に触れることで、言葉の発達においては何かしらメリットあるのではないかと実感できました。

0歳から絵本を読むには親御さんの働きかけが必要

絵本奮闘記を実際にやってみて思ったのは、「最初のうちは親御さんからの働きかけがないとなかなか絵本に興味を示さないのではないか」ということです。

うちの子も絵本を見せても見向きもしないでゴロゴロしていたところを思い出すと、お子さんに絵本を与えるだけでは無理がある気がします。

親御さんの働きかけの方法は、

●ひたすらお子さんに向けて読み聞かせ

●お子さんと一緒に絵本を読む(お子さんを膝に乗せてとか、くっついうつ伏せになりながら本を開くとか)

に尽きますね。

息子の場合は面と向かって読み聞かせをすることで、急に話を聞くようになりました。

お子さんにはペースと好みがあるから焦らないで

私が「やっぱり0歳から絵本を読むのは無理なのか!?」と絵本を封印した時期を思い返すと、生後4ヶ月の時点で息子には絵本はまだ早すぎたのだと思います。

それから、評判の良い絵本でも息子のように合わない子もいることを学びました。

息子にも生後11ヶ月という絵本を読みたくなる時期があったし、こどもちゃれんじbabyの絵本ように好みの絵本もありました。

恐らく、どのお子さんにも絵本を読みたくなるペースと好みがあるのでしょうね。

かつての私のように、0歳のお子さんが絵本を読まなくてガッカリしている親御さんもいらっしゃるかもしれません。

そういう時は、無理強いしなくてもいいですよ。

息子のように何かがきっかけで急に読めたりもするので、お子さんのペースと好みに合わせて焦らず働きかけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました