スポンサーリンク

子育て中とかで美容室行けないけど髪がウザかった話

モンと申します。当ブログで、資格・勉強・お笑い・主婦に役立つをテーマにした記事を書いています。

今回は、「子育て中とかで美容室行けないけど髪がウザかった話」を書きます。

結果から言いますと、この問題は解決してスッキリしております!

私もそうですが、様々な理由で美容室に行けないお母さんがいらっしゃるかと思います。

そのようなお母さんに向けて、私がたどり着いた解決法を紹介します。

子育て中とかで美容室行けないけど髪がウザい!

まずは、問題解決前の状況から書きます。

こんなかんじで悶々としておりました。

わかる~って方、いるんじゃないかなぁ?

すぐに美容室に行けるわけではないけれども髪は伸びる

現在、1歳の息子と2人でいるのがほとんど、という生活を送っています。

この状況ってなかなか美容室に行けないんですよねぇ。

息子の預けることはできるけれども、美容室ってけっこう時間がかかるから「息子どうしてるだろか?」とめっちゃ気になる。

そして、(私の場合ですが、)息子を預けられたとしてもコロナ感染がどうしても気になってしまう。

こればかりは個人の考えの問題ですが、予防接種をちゃんとしている知人からコロナに感染した話を聞いて、怖くなってしまいました。

「重症化しなくてもそんなに具合悪くなるの!?私、感染したら耐えられるだろうか?」

「私が感染したら息子どうなる?ていうか息子がコロナに感染したら笑えない。」

とかいろいろ考えてしまって、美容室に行きたくても足が向かない。

しかし、髪は伸びるのをやめてくれない。

そして、どんどん分厚くなるサイドヘアー。

顔にかかって前が見えなくなった時、

あぁ髪ウザい!!

と発狂しそうになりましたw

髪専用ハサミはあるんだけども不器用で無理だった

美容室にすぐ行けないなら、自宅で切るしかないよね。

と髪専用ハサミを取り出す私。

セルフカット用具一式を買ってはいたものの、使う勇気がなく手に触れる機会も全くなく。

今回髪がウザくて限界だったので、再びケースを開けてみたものの、すぐに閉じてしまいましたw

自分、不器用ですから。。。

いくらセルフカットの方法をググったって、自分でできるとは到底思えません。

仮にやってみたとて、自分の腕では1時間で終わる気がしない。

やっている途中で息子が起きてしまう。

ハサミでセルフカットは諦めて、別の方法を模索することにしました。

子育て中とかで美容室行けない方も自宅で簡単にカットできる方法を見つけました!

ハサミ以外で自宅で簡単にカットできる方法はないものか。

とスマホでググってみました。

そして、ハサミではないあるアイテムを見つけました!

ハサミ以外のカットアイテム見つけた!

簡単セルフカットができるアイテムとして紹介されていた

ヘアサボトリマー

クシでとかす要領で髪を切るので、手や地肌を傷つけることなく自宅で簡単かつ安全にセルフカットができます。

これだったら私でも髪を切れるかも!

と思って、楽天市場で即購入しました。

使用方法は以下のとおりです。

①ダイヤルを1~6に合わせる

下の写真はダイヤルを6に合わせています。

丸で囲ったクシ部分が引っ込んでいるので、えり足とか地肌に近い毛を切るのに適しています。

ダイヤルを1に近づけるほどクシ部分がニョキっと出てきます。髪をバッツリ切るのではなくウザい髪をすきたい場合は、1~2が適しています。

②髪を湿らせて、クシでとかす

③髪をブロッキング

ブロッキングしなくてもカットはできましたが、髪が厚い場合はブロッキングした方が切りやすいし、ムラなくカットできます。

次の章へと続きます。

髪の「内側」からとかすのがコツ!

ヘアサボトリマー使用方法の続き。

④ヘアサボトリマーのクシ部分でとかすようにカット

コツは髪の「内側」からとかすこと!

これホント大事です。

レイヤーとかできちゃうぞ!というレベルの方でしたらうまくいくかもしれません。

しかし、ある程度髪の長さがある女性が外側からいきなりカットすると、バッツリとそぎ落とした仕上がりになります。

過去に担当してもらった美容師さんたちは、

「外側の髪をバッツリとカットすると、中側の髪がハネてくる。中側からすいて外側の髪の毛でカバーするのが基本」

とおっしゃっていました。

その教えを守って内側からカットしたところ、初めての人でも多少切りすぎても変な髪型になることはないと確信しました。

もう1つのコツは、ヘアサボトリマーと髪の毛の角度を小さくしすぎないこと。

角度を小さくしすぎると一気に髪の毛がそぎ落とされます!

2回ほどヘアサボトリマーに大量の髪の毛がまとわりついて、「切りすぎた!?」とビビりました。

初めての方は、角度を大きめにして少しずつカットすると安心です。

一連の流れを経て、30分くらいでウザい髪を薄くするところまでできました!

息子が寝ている間に終わらせられてよかったです。

あくまで髪がウザい時の応急処置アイテム

ヘアサボトリマーは、自宅でウザい髪をすいてくれて私にとっては、とても助かる優れものです。

しかし、あくまで髪がウザい時の応急処置アイテムと捉えた方が良いでしょう。

ある程度長さのある女性の髪ですと、長さを一気に短くしてショートにイメチェン!

なんていう芸当は、初めての方には難しいと感じました。

ダイヤルの数字を6に近づければ髪の長さを変えるカットもできるけれども、できるとすれば髪の量が少ないお子様のカットくらい。

女性の髪ではかなり使い慣れないと、長さを変えるレベルのカットは無理があります。

どうしても髪がウザい時に、自分でスくことができるアイテムとして愛用することをオススメしたいです。

まとめ~自宅で髪が軽くなるって素晴らしすぎる!~

子育て中・コロナで美容室に行けないけど髪がウザい!という葛藤。

そして、その解決策として見つけたアイテム「ヘアサボトリマー」の使い方とコツを紹介しました。

自宅であのウザったい髪が軽くなるって素晴らしすぎる

と心が軽くなりました。

美容室に行く費用も浮かせられるし、ヘアサボトリマーは私にとっていいことだらけのアイテムです。

様々な事情で美容室に行けないけれども、今すぐ髪を切りたい!

とモヤモヤしているお母さん方の参考になれば幸いです。

最後にこの記事をまとめを書いておきます。サラッと読みたい方はこちらからどうぞ!

●子育て中とかで美容室に行けないけど髪がウザい!
 ・すぐに美容室に行けるわけではないけれども髪は伸びる
 ・髪専用ハサミはあるんだけれども不器用で無理!

●子育て中とかで美容室に行けない方でも自宅で簡単にカットできる方法見つけた!
 ヘアサボトリマーというカットアイテムを発見!
  →髪をとかす要領でセルフカットできる。
  →使用方法
   ①ダイヤルを1~6に合わせる
   ②髪を湿らせて、クシでとかす
   ③髪をブロッキング
   ④ヘアサボトリマーのクシ部分でとかすようにカット
 内側からカットすること・ヘアサボトリマーと髪の毛の角度に気をつけるのがコツ
 ・あくまで髪がウザい時の応急処置アイテムとして使おう

コメント

タイトルとURLをコピーしました